肝臓サプリメントを選ぶコツ

肝臓サプリを選ぶときに、一番チェックしてほしいのが やはり肝臓を助ける有効成分が配合されているかどうか。

 

「後で効果を感じられなかった」と後悔しないためにも、有効成分をしっかり確認するのは大切なことです。

 

肝臓に働く有効成分は、

タウリン・オルチニン・アルギニン・サポニン・セサミン・ウコン

です。

 


 

また、安心・安全の徹底管理や、続けやすいよう特典サービスが充実しているか なども肝臓サプリを選ぶポイントになります。

 

これら条件をすべてクリアし、口コミの評判もとても良い肝臓サプリを厳選して紹介してます。
きっと、ご自身に合うサプリが見つかると思いますよ。

 

 

肝臓サプリを飲んでも沈黙の臓器だから実感できないんじゃないの?

肝臓には「沈黙の臓器」というニックネームがあるぐらい自覚症状の乏しい臓器ですので、肝臓系サプリメントを導入して毎日飲んでいても効果のほどがイマイチピンとこないという人も多いのではないかと思います。

 

そこで、肝臓系サプリメントを飲んでいてこんな風に実感できたら効果がある証拠 をお届けしたいと思います。

 

それでは早速実感できる効果を挙げていきましょう。

 

  • 宴会時期の二日酔い症状が軽くなった(復帰が早いと感じる)
  • 疲れにくくなった
  • 朝仕事に行くのが辛くなくなった
  • 便通が良くなった
  • 冷えが改善したような気がする
  • お肌のコンディションが良くなった
  • 寝つきが良くなった
  • 朝起きるとスッキリできるようになった
  • 気持ちが穏やかになった
  • イライラすることが少なくなった
  • 食欲がある
  • 運動後の筋肉痛の程度が軽い
  • お腹の張り(腹部膨満感)が少なくなった

 

上記の項目のうち、どれか一つでも実感できるものがあればそれは肝臓の状態が良くなっていることの証ですので、サプリメントが効果を発揮していると考えて差し支えないでしょう。

 


 

どの項目も一見すると肝臓とは無関係そうなものばかりですが、肝臓は血の塊の臓器とも呼ばれるほど多くの血管と接続している臓器で、消化器や代謝系臓器(腎臓や膵臓など)、自律神経系、免疫系など大量の血液を必要とする臓器や器官と密接な関連があります。

 

したがって、普段から感じている不調が改善されたと感じるなら肝臓の機能が回復していると判断できるということになります。

 

特に肝臓の働きとしての「解毒作用」に着目すると毒素や老廃物は尿や便として排泄されることになるので、便通の改善や老廃物の蓄積がコンディションに影響を与えやすい

 

  • お肌の状態の改善
  • 吹き出物、大人ニキビの改善

 

などは実感しやすい効果となります。

 

また、もう一つの働きである「酵素や代謝ホルモンの合成」が活性化すると脳との連携がスムーズとなり自律神経の働きが正常化するので、

 

  • 不定愁訴(イライラして怒りっぽくなること)の改善
  • 寝起きの気分の改善
  • 不眠傾向の改善などの精神状態の改善

 

が見られるようになります。

肝臓の働きとサプリメントの役割

肝臓は重要な臓器と言われていますが、その働きの中で広く知られているのはアルコールの分解程度なのではないでしょうか?

 

今回は肝臓の働きについてもっとよく知ることでこの臓器が健康にとってどれほど大切な働きを担っているかを理解していただきたいと思います。

 

肝臓の主な役割は大きく分けて「解毒」「合成」にあります。

 

 

アルコールの分解作用は「解毒」に分類されます。

 

アルコールの他にもタンパク質が分解される過程で生じるアンモニアは疲労物質を作り出す元になる物質であり、このアンモニアを分解するのも肝臓のもつ「解毒」作用になります。

 

一方の「合成」には実に様々な働きがあります。

 

人間の体は各臓器や器官で古い細胞が新しい細胞と入れ替わることで常に正常な機能を維持できるようになっています。
この活動のことを「代謝(活動)」と呼んでいます。すなわち「生きる」ということは「代謝活動」によって支えられていると言っても過言ではありません。

 

食事で摂取した栄養素も体内に吸収されてから代謝で消費される成分に再合成されるのですが、その時に働くのが「酵素」や「代謝ホルモン」です。

 

酵素と代謝ホルモンの働きはよく似ていますが、その違いは明確で、酵素には一意の働きしかなく、代謝ホルモンには複数の働きがあります。

 

一意の働きというのは、一定の限られた働きという意味で、一つの酵素には一つの働きしかありません。

 

体内では何万種類にも及ぶ色々な化学反応が常に行われていますが、重要な生体化学反応には必ず酵素が中間物質として働き、効率よく代謝が行われるようになっています。

 

したがって酵素が誤動作をしないように一意の働きしか行わないようにできているのです。

 

一方の代謝ホルモンも重要な化学反応を促す物質ですが、こちらには幾つかの作用があり、代謝活動をさらに効率良く行えるようにできています。

 


 

肝臓内でアミノ酸が合成されたり毒物を解毒する際にも酵素や代謝ホルモンが使われるので、身体中のいたるところに供給する最重要物質を作り出している一大化学工場が肝臓の役割と言えるのです。

 

このように人が生きていく上で肝臓が果たす役割は非常に大きく、昼夜を問わず働き続ける働き者の臓器です。

 

それゆえに疲労しやすく、生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足、加齢、飲酒などの影響を受けてしまい「肝機能障害」から重大な肝臓病を発症するリスクが増加します。

 

規則正しい生活習慣に加え、肝臓をいたわる成分が配合されたサプリメントを上手に活用することで肝臓をいつまでも若々しい状態にしてあげることができれば、健康維持や老化防止に高い効果を発揮することが期待できるのです。

 

やっぱり気になる肝臓サプリの副作用

『サプリメントは薬じゃないから副作用がないので安心』巷ではこう思われている風潮が強いのではないでしょうか?

 

サプリメントの原料は食品由来や自然由来のものが多く、一般的に身体への負担が少ないと認識されています。

 

しかし、仮に自然由来の物であったとしても食物アレルギーを持つ人は少なくありませんし、自然界にもアルコールやアンモニアのような毒物も存在していますので、「自然由来=毒性がない」という認識や思い込みは誤りであるといえるでしょう。

 

 

例えば「肝臓によい」とされるサプリメントであったとしても飲みすぎは却って肝臓に負担をかけてしまいます。

 

これでは本末転倒な話になってしまいますので、サプリメントを導入するときは一日の摂取目安量を守ることが重要になります。

 

健康被害を招きやすい例

 

では、具体的に肝臓によいとされるサプリメントがどのような健康被害を招きやすいのかについて説明していきましょう。

 

発酵食品

 

発酵ウコンや黒酢などの発酵食品を原料としている場合はアルコールに注意が必要です。

 

アルコールが肝臓に負担をかけるというのは今更説明する必要性はありませんね。発酵食品は発酵過程で副産物として毒性のあるアルコールが作られてしまうので摂取しすぎるのはNGとなります。

 

にんにく

 

にんにく系のサプリメントですが、こちらは主にアリシンという臭いの元となる成分に問題があります。

 

アリシン自体はとても健康維持に役立つ成分なのですが、空気に触れると二硫化アリルという滅菌力の強い物質となり体内の悪い菌だけでなく有益な常在菌まで滅菌してしまうことになります。

 

また、にんにくに熱を加えると出来る「アホエン」という物質は血液サラサラ効果があり、高血圧症や動脈硬化症予防には効果的なのですが、摂りすぎると血液凝固障害を招き、却って肝臓に負担をかけてしまいます。

 

しじみ

 

しじみを原料とした肝機能向上サプリメントですが、こちらは貝類に多く含まれるミネラル成分(マグネシウムや亜鉛など)は過剰摂取すると肝機能障害を招くことが知られています。

 

これらのミネラル成分は食事では摂りづらい希少成分であることからサプリメントで摂取することが推奨されています。

 

しかし、なにごとにつけ「摂りすぎ」はNGなのでくれぐれも摂取目安量は守るようにしてください。

 

肝臓サプリメント失敗しない選び方とは?

肝臓サプリを選ぶ前に

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど忍耐強い臓器です。

 

多少の肝機能障害では自覚症状もなく、肝機能も治療が必要なほどの機能障害を起こすことのない臓器ですが、自覚症状のなさが却って深刻な肝臓病の早期発見を妨げる原因にもなっています。

 

したがって、肝臓系サプリメントを選ぶ際には最低でも年に一度の健康診断は必ず受けるようにして、肝機能のチェックを行うようにしましょう。

 

 

肝臓サプリを選ぶ注意点とは

 

肝臓系サプリメントは肝臓に良い成分が消化吸収されやすい形で配合されているタイプになりますが、発酵ウコンなどの発酵食品を原料としたタイプのアルコール(ごく微量ですが含まれている場合があります)やしじみ系のサプリメントに含まれるミネラル成分(亜鉛や銅、セレンなど)は過剰摂取すると逆に肝臓には大きな負担となってしまうリスクのある成分です。

 

 

これはもともと弱っている肝臓にとっては適量でもダメージとなる危険性があるということになるので注意が必要です。

 

健康診断の肝機能検査で異常が見つかった場合は自己判断でサプリメントを選ばずにまずは医療機関で再検査を受け、適切な治療を受けることが重要です。

 


 

また、肝臓は非常に多くの血管と接続していて、臓器自体が血の塊のような構造をしています。

 

そのため豊富な栄養素が必要となる臓器なので、肝臓系サプリメントを導入する際には過激なダイエットなどで極端な食事制限をするのはNGです。

 

栄養不足の状態で肝臓サプリを摂取するということは弱った肝臓に負担の大きな成分を摂取することと等しくなるからです。

 

肝臓のサプリメントの賢い選び方

 

 

これらのことをしっかりと認識した上で、肝臓系サプリメントを選ぶとするなら、賢い選択方法は「機能性サプリメント」の中から肝臓向けと明記されたものや名前に「ヘパ」が付くもの、主成分に肝臓向けの有効成分である

 

  • タウリン(牡蠣に多く含まれています)
  • オルチニン(しじみに多く含まれています)
  • アルギニン、サポニン、セサミン、ウコン

 

などが配合されているものを選ぶことをお勧めします。

 

機能性サプリメントとはある目的(燃焼系、肝臓系、女性向けなど)に特化したサプリメントで、◯◯系という商品名からすぐにその目的がわかるようになっているので選びやすいというメリットがあります。

 

また、「ヘパ」と名前が付くサプリメントは肝臓を意味する“Hepa”という単語がネーミング由来となっているので肝臓向けサプリメントとしてイメージしやすいと思います。