肝臓を強化するためのメソッド

肝臓は四六時中、解毒と再合成などの化学処理を行ってくれる臓器です。したがって何を飲食しても必ず血液が肝臓を通過する際に何かしらの化学処理が行われることになります。
例えば投薬治療を受けている人が薬を飲んだ場合も最終的に薬の成分は肝臓を通過して代謝されていきます。副作用の強い薬では薬剤性肝障害を起こしやすいのも必ず飲んだ薬の成分が肝臓を通過してそこで化学処理が行われることに理由があります。
つまり、肝臓が弱っていると薬やサプリメントの効果も同時に弱まってしまうなどの弊害が生じてしまいがちになります。
そこで今回は肝臓を強化するためのメソッドについて考えていきたいと思います。

 

肝臓にとって不都合なことはしない

肝臓はとても丈夫な臓器ですが、脂肪やコレステロールが付き過ぎると「脂肪肝」となり機能低下を引き起こします。したがって、太りすぎないことは肝臓の機能を健全に維持するためにはとても重要になります。
また、アルコールを摂取した場合肝臓は全力を挙げてアルコールの分解に努めるので、今更言うまでもないことですが、お酒の飲み過ぎはNGです。

 

肝臓は夜型の臓器

肝臓は不眠不休で活動する臓器とはいえ、やはりストレスを解消するには休息が必要になります。そこで肝臓がフル活動する時間帯を知ることで効果的に肝臓に休息を与えることが出来るようになるのでぜひ覚えておきましょう。
基本的に肝臓は血液のかたまりのような臓器ですから、活動期には大量の血液が必要になります。そして肝臓が活動する時間帯は主に「食後」と「寝た後」になりますのでこの時間帯はあまり動き回って他の器官や組織に血液が回らないようにした方が肝臓は活動しやすくなります。
1日の中で食後と睡眠時は出来るだけリラクゼーションに努めるようにすることが肝臓を強化するためのキモになると心得ましょう。
特に入眠後は肝臓がフル稼働する時間帯になりますので、睡眠時間を十分に確保することが大切です。

 

肝臓と自律神経の関係性を知ろう!

メソッド2では「入眠後に肝臓がフル稼働する」と説明しましたが、そこには自律神経の中の「副交感神経」との間に深い関連性が存在しています。
というのも、副交感神経とは入眠後に起動する自己修復機能と呼べるものだからです。
人は日中の活動中には常に外的なストレスに接しているため、男性ホルモンが優位な交感神経が活性化しています。そして、日中に受けた心身の傷を癒すために入眠後は副交感神経にスイッチし、女性ホルモン優位となって心身の傷を癒すようにプログラムされています。
このメンテナンスのためには大量の酵素や代謝ホルモン、アミノ酸、脂肪酸などの物質が必要となるためその調達元となる肝臓がフル稼働するのは副交感神経が活性化する時間帯(夜10時半頃から午前2時ころまで)に設定されているのです。
すなわち、この時間帯に起きているとか、十分な睡眠時間が確保できていないということは副交感神経が満足に機能していないことになり、肝臓も満足に働けない状態になってしまいストレスフルの状態になります。

 

疲労は肝臓が弱っているサイン

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど病気になっても自覚症状が出にくい臓器として知られていますが、比較的感じやすい自覚症状の一つに「易疲労感(疲れやすく取れにくい状態)」が挙げられます。
主にストレスが原因だと思われがちですが、肝臓もストレスの影響を受けやすく、機能低下を起こすことで疲労物質を効率良く代謝できなくなってしまい疲労感となって表に出てきます。
したがって、疲れやすくなったかな?と思ったら肝臓が弱っているサインだと心得、十分な休息と滋養を取ることを心がけましょう。この時肝臓系サプリメントを活用することで、効果的に肝臓の機能を回復・サポートするための栄養素をチャージすることができます。

【最新版】肝臓サプリメント ランキング