肝臓の数値を下げるために肝臓の健康状態を知ろう!

肝臓の健康状態というのは自覚症状からはなかなか判断することはできません。なぜなら肝臓はとても忍耐強く「沈黙の臓器」と呼ばれるほど自覚症状に乏しいからです。ですから、もしなんらかの自覚症状から肝臓病の存在が分かったとしたらそれはかなり進行した状態の肝臓病ですでに治療が困難な状態になってしまっているかもしれません。

 

では、どうやって肝臓の健康状態を把握すればよいのかといえば、年に一度は行われている職場や自治体主催の健康診断を必ず受けることが重要になります。
健康診断では

  • ・血液検査
  • ・尿検査
  • ・腹部エコー検査
  • ・心電図
  • ・胸部レントゲン

が行われますが、この中で特に肝臓の状態を把握するのに重要なのが、「血液検査」と「腹部エコー検査」です。
脂肪肝や肝腫大、肝硬変などは腹部エコーでかなり高い確率で存在が確認できますし、肝機能は血液検査内の生化学的検査に含まれている

  • ・GOT(ALT)
  • ・GPT(AST)
  • ・γ-GPT
  • ・ALP
  • ・総ビリルビン数

という項目に着目すればわかります。

 

GOT?γ-GPTまでは肝臓で作られる酵素の種類で、この血中濃度が高いということは肝臓の細胞が破壊されて繊維化が進んでいることの指標となります。
特にγ-GPTはアルコールやある種の薬物に敏感に反応する酵素なので、この数値が高い場合はアルコール性肝炎や薬剤性肝障害が疑われることになります。
ALPは肝臓、腎臓、胆のう内に多く存在する酵素で、肝障害からくる胆汁うっ滞が発生すると血液中に流れ出してきます。
総ビリルビン数は血液中のビリルビンの値を調べるものですが、元々ビリルビンというのは古い赤血球に存在している黄色い色素で、肝臓で代謝され胆汁内に放出されていきます。したがって肝臓が正常機能している状態では血液中のビリルビン量はごくわずかであり、数値が異常値を示すと肝機能障害が疑われることになります。
肝機能が正常化するとこれらの血液検査で得られる肝機能の数値も下がり正常値範囲内に収まります。血液検査では少しの肝障害でも敏感にこれらの数値が上昇するので、健康診断の際には必ず結果を確認するようにしてください。軽度の肝障害なら肝臓系サプリメントを導入することで改善することも見込まれます。再検査を受ける際にお医者さんに相談の上、適切なサプリメントを選ぶと良いでしょう。脂肪肝を指摘されている人は燃焼系サプリやアミノ酸系サプリメントも効果的です。
ただし、サプリメントを導入する際には1日の摂取目安量を厳守するようにしてください。摂りすぎは却って肝臓に負担をかける場合もあります。