肝臓と体臭について

実は肝臓が悪い人は体臭が強いんです
と言われると...え?そうなの?と驚かれる方もいらっしゃることでしょう。
体臭とは主に脇の下や乳輪の周辺、肛門の周囲にあるアポクリン腺という汗線から分泌される油分の多い汗が皮膚に止まり、そこで雑菌が繁殖することで起こる異臭です。では、どうして汗の分泌と肝臓の機能異常とに関連性があるのでしょう?
肝臓が持つ重要な機能の一つが「解毒」です。解毒とは有害な物質を無害にして排泄させる作用のことを意味しています。これは免疫機能の中核の一つであると言えます。したがって、肝機能が悪化して肝臓が十分に働けなくなると全身の免疫力が低下してしまい、皮膚で繁殖する雑菌を抑制する力も連鎖的に弱くなってしまうのです。
もう一つの代表的な体臭である加齢臭も加齢による免疫力の低下によって頭や脇の下、胸元、背中、耳の後ろなど汗をかきやすいところで雑菌が繁殖して起こる臭いですので、若い頃の代謝が良かった時に比べると肝機能が低下してしまうことで起こりやすくなると考えられます。
さらに解毒の中でも特に広く世間に認知されているのが「アルコール」や「アンモニア」の分解ですが、これも肝機能が弱まることでこれら毒素の分解能力が低下してしまい、体内残留時間が長引くことでアルコールやアンモニアを含んだ汗が蒸発する時に体臭として周囲に不快感を与えてしまいます。
このように肝臓の機能が低下することで様々な体臭が発生するリスクが高まってしまうのです。
逆説的に考えれば「体臭が強くなった」というのは肝臓が弱っているサインであるとも言えます。もし、それまで他人に体臭のことを指摘されたことがないのに最近指摘されてしまったという人は一度医療機関を受診して肝機能をチェックしてもらうと良いでしょう。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど自覚症状が乏しい臓器ですので、自覚症状から肝臓病を見つけるのはとても困難ですし、万が一自覚症状が現れてきたとしたら相当進行した肝臓病である可能性が高まります。肝臓は常に働きづめの臓器なので細かいサインも見逃さずにしっかりと健康状態には気を配るようにしてください。
肝臓も他の臓器同様病気になっても早期発見、早期治療を行えばかなりの確立で完治にまで導けます。また日頃から肝臓系サプリメントなどを用いて肝臓のケアを行うことで健康状態を良好に維持することが可能です。特に栄養が偏りがちの現代人にとって、肝臓系サプリメントが持つ有効成分はとても有益であると言えるでしょう。手軽に飲めるというのも大きなメリットになります。

【最新版】肝臓サプリメント ランキング